銀行カードローン

キャッシングするなら銀行カードローン

キャッシングを利用してお金を借りるのであれば、やはりできるだけ金利の低いところで借りたいですよね。低金利なキャッシングをしたいのであれば、銀行カードローンがおすすめです。

 

銀行カードローンの金利は会社ごと違いはありますが、多くのところで4%台〜14%台となっています。消費者金融でもアコムなど、4%台〜の金利のところは多少存在するのですが、上限金利はほとんどのところで18%となっています。はじめての利用の場合にはその会社で最も高い上限金利が適用されることが多いですし、そう考えると3%以上の差は大きいですよね。

 

また、金利だけでなく、融資限度額の面から見ても銀行カードローンのほうが有利です。消費者金融や信販系カードローンには貸金業法で定められた総量規制により年収の3分の1以上の借入ができないことになっていますが、銀行カードローンにはこの法律はあてはまりません。将来的に利用を続けてまとまった額の融資を得たいときにも、増額して利用しやすいです。

 

銀行カードローンは審査が厳しいという傾向もありますが、はじめてキャッシングを利用する、また他社借入件数がない、いままでにキャッシングを利用したとしてもしっかりと返済をしてきたなど信用情報に不安が無いのであれば、銀行カードローンに申し込んでも審査に通る可能性がありますから、キャッシング会社選びで悩んでいるのであれば検討してみましょう。

他社借入は何社までOK?銀行のキャッシング

銀行カードローンなど、銀行からのキャッシングの審査というのは一般的に厳しい傾向にあり、申し込みをしても約半数は審査に通らないといわれています。審査に通らない理由というのはいくつかあるわけですが、とくに審査でも重要視されるというのが他社借入件数です。

 

カードローン審査では、借入金額の合計よりも、何社から借入をしているか、という借入件数のほうが重視されるのですが、「他社に何社まで借入がある場合まで審査が通ります」というようなことを宣伝することができないという事情から、詳しい件数というのは公にされていません。では銀行カードローンを利用する場合、他社借入はだいたいの目安でも何社くらいまでOKなのでしょうか。

 

一般的に消費者金融などでは大手で3〜4社まではOK、5社からNG、中堅〜小規模では7、8社までOKというように、会社の規模により借入件数を受け入れる柔軟性に違いがでてきます。しかし銀行の場合には消費者金融より審査が厳しいという前提がありますから、消費者金融と同じハードルだと考えていると審査に落ちてしまう可能性があります。

 

銀行カードローンでお金を借りたいのであれば、複数社借入がある状態なのでしたらおまとめローンなどを利用して借金を一本化してから申し込んだり、また借入金額の少ないものから完済してしまって件数を減らしてから申し込みをするなど何か対策をとったほうが審査には有効です

即日融資を受ける方法について

即日融資を受ける場合は、まずカードローン会社を選択しましょう。あなたがどのようにして収入を得ているのか、勤務の状況や条件によって、選択すべきカードローン商品は違って来ます。

 

フリーターやアルバイトの方、派遣社員の方を優遇する低金利ローンも存在しています。また、水商売や自営業を営んでおられる方におすすめのお得なカードローン商品もあるのです。

 

その他には、ビジネス目的での利用におススメの事業者ローン、また学費やレジャー冠婚葬祭などにおすすめの、多目的ローンも存在しています。

 

もちろん、使い道が自由に選べるフリーローンという商品も人気です。最近では、多くのカードローン商品が低い金利で貸付けを行っており、一部の商品では無料金利のキャンペーンを設けるなど、私たち利用者にとってお得な商品が数多く展開されているのです。

 

こうした多くのカードローン商品の中から、自分に一番ふさわしいものを選択しましょう。大口融資を希望する方は、大口融資に強いカードローン商品を。また、小額融資を検討される方には、小額融資を得意とするカードローン商品がおすすめです。

 

このような条件は、カードローンの比較サイトなどを利用すれば非常に便利です。自分の希望する条件を設定して、ふさわしいカードをすぐに見つける事が出来ます。

 

また、現在の収入の状況等を照らし合わせて、簡易的に利用可能額を知る事も出来るでしょう。迷った時には、ぜひこのような比較サイトを利用してみて下さい。融資に合った会社やカードが見つかる筈です。